Entries RSS Comments RSS

困った時は家族にバレないように使うカードローン

お金に困るのは、何と言っても冠婚葬祭が続いて交際費がかさむときです。20代後半には友だちの結婚ラッシュで一か月に2回も結婚式に出席することもありました。結婚式に招待してもらうこと自体は嬉しいことなのですが、出費を考えると控えたいと思ってしまいます。結婚式に一回出席するとご祝儀で3万円、二次会の費用で8000円はかかります。さらに美容室でヘアーセットをしてもらうと5000円、遠方の場合は交通費等もかかってきます。でもおめでたいことですし、簡単に断るわけにもいかず、招待された結婚式は出席することになります。お金に余裕があるときは良いのですが、あまり余裕がないときは痛い出費です。
お葬式や法事も同様です。仕方ないものですが、重なるときは重なるもので出費はかさむことになります。
対策としては、冠婚葬祭は直前までわからないものもありますが、事前にわかっているものもあるので、そういったものの場合はあらかじめ準備をしておくということです。年間の予定を書き出し、臨時出費がある月を把握しておくようにします。前もってわかっているだけで少しゆとりが生まれます。
日常生活の中でお金に困るのは、夫の仕事のお付き合いやママ友とのお付き合いでやはり交際費がかさむときです。
夫のお付き合いは飲み会やゴルフなどで、数千円から一万円以上が一度に消えていきます。仕事上のお付き合いもあるので断ってもらいたいとも言うこともできません。回数が多いと金額も大きくなるので、家計にもかなりの負担になります。ママ友とのお付き合いは夫のお付き合いほどの金額にはなりませんが、ランチも回数が増えると当然ですが、その分金額も増えます。毎月家計をやりくりしている主婦にとっては小さくはない出費になってくるので、悩みどころです。対策としては、他の部分で節約することです。食費を節約したり、雑費が増えないよう余分なものは買わないようにし、出費を抑えています。

家族にバレないでカードローンを利用したりすることもありますね・・・

カードローン家族にバレない

現金が無くて、でもお金が必要な時って絶対にあるんです。

そんなときにカードローンは便利ですね。便利だからと言って使い過ぎてしまうと引き落としの時に大変なことになってしまうのできをつけないといけませんね。

 

 

 

 

Leave a Reply